忍者ブログ

株式・原油・金・銀・銅・小麦の短期売買日記

株・原油・金・銀・銅・小麦・コーンなどのデイトレ・スイングのつぶやき日記。 DOW・S&P500・Nasdaq・FTSE・DAX・日経225・ハンセン指数・IBEX・ASXと個別銘柄が対象

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メルマガ購読・解除 ID: 199813
カンタンFXトレードと近未来予測
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

1995年は阪神淡路大震災から始まった

東北関東大震災を阪神淡路大震災と比較して、355倍だと比較するけれども、それはマグニチュードの比較で、被害を直接比較することはできないんです。
 
まず、阪神淡路大震災はM7.3でしたが、今回の東北関東大震災はM9.0です。しかし3連発です。M7クラスのものが2回あったんです。
 
にもかかわらず、家屋は倒壊せずに残っていました。阪神淡路大震災のときは、高速道路から何もかもが崩壊されています。
 
それを単純に比較すから、テレビメディアというのは嫌いなんです。
 
95年の大地震にあった人の話を聞いたら、地震が起きたら机の下に隠れろと言うけれども、そんな余裕もなければ、動けないといっていました。
 
テレビはボールのように飛び、何もかもが飛び跳ねていたそうです。もちろん人間もです。だから、冷蔵庫やたんすなどの下敷きで亡くなった方が多かったのです。家も倒壊してしまいました。
 
今回の地震は、沖合いだったから、まだその分良かったわけですが、その代わり、巨大津波が襲ってきたのです。これですべてが飲み込まれてしまいました。
 
そういう違いを単純にマグニチュード比較して、いかにもひどいと報道し、勘違い原発報道し、風評被害が蔓延し、救われる人たちが救われないという、2次3次災害が懸念されるのです。
 
話を戻して、1995年は地震だけではなかったのです。
 
阪神淡路大震災は1/17に起きました。
 
同じ年の3/20には、地下鉄サリン事件が起きました。
 
あの狂ったカルト集団が、今風に言えばスピリチャルな世界に浸り、世界を震撼させるテロを引き起こしたのです。
 
こういう狂った集団は突然生まれるから恐ろしいのです。
 
地震の後だっただけに、今回の地震は3/11だったことを考えると、今年は、まだ何か起きるのではないかと危惧しています。
 
何も起きないことを願いたいです。
 
「Japan is not safe」と成田でヘッタクソな英語で話していたアホヤロー。二度と来るなといいたい。最もそいつの頭の中のほうがよっぽど、not safeだと思うけど。
 
ということで、過去の事件を、この際、思い起こして欲しいし、忘れないで欲しいと思います。あのサリン事件で亡くなった人だけでなく、それ以前にも何人もの人がカルト集団によって殺害されていたのです。
 
悲しみは風化しないけれども、他人のこととなると非情です。記憶とは風化してしまうのですから。だから、僕らは、悲劇の記憶を忘れないようにつめるべきなのだと思います。
 
それが、亡くなった方、残された方にできることの一つだと思います。
PR
メルマガ購読・解除 ID: 199813
カンタンFXトレードと近未来予測
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

スポンサードリンク

プロフィール

HN:
福富次郎
性別:
非公開
自己紹介:
FX(外国為替取引)をメインに数々の投資をしています。中国株投資、IPO投資、タイ投資、ベトナム投資、ドバイ投資などです。

最新コメント

[02/10 celebritynudesv]
[09/19 山本 美知子]
[05/30 Tokuchan ]
[05/30 へもへも]
[05/29 Tokuchan ]

bijin-tokei

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バーコード

Copyright ©  -- 株式・原油・金・銀・銅・小麦の短期売買日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]